Namiemachi Flower Project

浪江町

一輪を大輪に。花を育むように、人も育む浪江町です。

Facebook

インタビュー動画公開

SCROLL

丁寧に、大切に。花を育むように、人も育む浪江町です。

Namiemachi Flower Project

Namiemachi Flower Project

花でつたえる、花でつながる。
浪江町では、花 一輪一輪に想いを込めて、
さまざまな取り組みを始めています。
さらに、その花の一大産地化を一緒に目指す
花づくりの仲間を求めています。

MOVIE

第15回 国際フラワー&プランツEXPO(IFEX)大盛況ありがとうございました。

浪江町の花き生産の歩み浪江町の花き生産の歩み

震災から2年が経過した2013.3.31に避難区域が再編されました。町内の立ち入りが制限されているなか、川村博さんがいち早く農業を始めました。電気や水道といったインフラも回復していない、除染も始まっていない町内で、井戸を掘り、荒れ果てた農地を開墾し、作物の実証栽培を始めました。放射性物質が作物から検出されたこともあり、風評の少ない花の栽培に着手しました。

そんな中、素人から始めた花き栽培でしたが、2017年にはフラワーオークションジャパンオブ・ザ・イヤーの優秀賞を受賞するまでになりました。その川村さんとともに、多くのみなさんが花き・花木の高品質栽培に取り組んでいます。

また、産地が縮小している生け花用の少量花材の栽培等実証に、取り組まれている方もおり、徐々にですが、着実に生産量を増やしています。

  • ① 苅宿地区: トルコギキョウ
  • ② 苅宿地区: 生け花花材
  • ③ 苅宿地区: 生け花花材
  • ④ 加倉地区: トルコギキョウ
  • ⑤ 小野田地区: 花木(かぼく)
  • ⑥ 北幾世橋地区: トルコギキョウ
  • ⑦ 幾世橋地区: トルコギキョウ

浪江町のいま。そして、近い将来の町民の方々へ。浪江町のいま。そして、近い将来の町民の方々へ。

あの日から6年が経過した2017.3.31に、当町の避難指示が一部解除されました。私たち浪江町民の誰もが、こんなに長い間、戻って住むことが叶わなくなるとは想像していませんでした。

2万1千人が住んでいた町ですが、2018.8.31現在で約825人ほどしか住んでいません。避難の長期化により、避難先での生活が定着してしまったためです。みんな、故郷への愛着があります。24時間やっていないコンビニ、200店ほどあった飲食店は指で数えられる程度。商業のみならず、医療福祉などあらゆるサービスが不足しています。6つの小学校と3つの中学校に、1,773人ほどの学童が通い、元気に過ごしていましたが、1つの小中一貫校に10人が在学しています。

そんな浪江町ですが、可能性だけは満ち溢れています。元どおりにすることはできませんが、前より良い町にすることは可能です。江戸時代の天明の大飢饉で、この地域の人口が激減した時代がありました。震災と原発事故の影響も必ず乗り越えられると信じています。そのためには、あなたの力が必要なのです。

『一輪を大輪に。』

震災を経験し、全国の方々に支えてもらったからこそ、人を大事にする風潮がますます強くなりました。

ここに住み暮らし、一緒に浪江町の未来を創りませんか。

  • 2013年4月

    区域再編により町内の一部地域での営農が許可され、川村博氏が養鶏と蔬菜類の生産開始。

  • 2015年

    「花のまち実現化事業」が策定され、「花のまち」の実現を目指して、さまざまな検討会やPRイベントを行う。

  • 2017年3月

    避難指示の一部解除により、営農世帯が16戸となる。また、川村博氏がフラワーオークション ジャパン・オブ・ザ・イヤーの優秀賞を受賞。

  • 2013年4月

    営農世帯が30戸、営農面積15ha に。新たな担い手確保のためのワークショップなども開催。

浪江町のさまざまな補助制度について浪江町のさまざまな補助制度について

  • 施設

    原子力被災12市町村農業者支援事業

    機会・施設整備等初期コスト、
    果樹の新植・改植花気等の種苗等の導入
    【補助額・上限】 3/4以内(上限額3,000万円)


    企業農業参入支援事業

    生産資材、農業用機械や施設などの初期経費
    果樹の新植・改植花気等の種苗等の導入
    【補助額・上限】 1/2以内


    農業近代化資金融通対策事業

    農業近代化資金融通対策事業
    低金利の融資(利子補給)
    【補助額・上限】 利子補給率1.30%

  • 人材・育成

    ふくしまから、はじめよう。
    農業担い手経営革新支援事業のうち、
    プロフェッショナル経営体創出事業

    機会・施設の導入や規模拡大等に必要な経費
    【補助額・上限】融資残額
    (事業費の3/10以内、上限1,000万円/経営体)


    来たれ!ふくしま
    新・農業人育成・定着促進支援事業

    協議会やマッチングセミナーの開催
    【補助額・上限】 1/2定額

  • 土地

    福島県営農再開支援事業のうち、
    新たな農業への転換支援

    整地や栽培にかかる費用
    【補助額・上限】 1/2以内

  • 検討中の施策

    ◎事業用農地の紹介
    ◎燃料代・電気代など、
     ランニングコストにかかる助成金
    ◎農業研修にかかる助成金
    ◎浪江町内住宅の紹介や家賃補助

  • その他

    福島県復興再生特措法及び
    東日本大震災復興特別区域法に
    かかる課税特例

    一定条件で、給与支払額、設備投資、法人税などについて税率控除

  • お問い合わせはこちら

    浪江町役場 本庁舎

    〒979-1592 福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字六反田7-2
    TEL: 0240-34-2111

    浪江町 農林水産課

    TEL: 0240-34-0245

    浪江町ホームページへ